トップストーリー

第8回宇宙エレベーターチャレンジ(SPEC2016)の開催について

開催時期がずれ込みましたが、今年も宇宙エレベーターのクライマーモデルとテザードバルーンを使った「宇宙エレベーターチャレンジ」(SPEC2016)を実施予定です。今回は会場を水戸市に移して実施します。係留気球の高度は最低100m、それ以上は気象条件に合わせて、最大400mまでを想定しています。ご参加希望のチーム代表者の方※(重複登録を防止するため1チーム1人登録をお願いします)は、内容をご記入のう

2016/10/19 掲載

本年度(2016)のSPECについて

本協会では、宇宙エレベーターに関連する技術の振興と、社会に対するアウトリーチの機会として、2009年よりバルーンを使って上空から地上をつないだテザー(ベルト、ロープ)を昇降するクライマーのイベント、宇宙エレベーターチャレンジ(SPEC)を毎年8月に実施してまいりました

2016/07/22 掲載

東海大学佐藤先生の新著「宇宙エレベーターその実現性を探る」の出版

本協会のフェローとして、宇宙エレベーター実現のためのご助言をいただいている東海大学清水教養教育センター/理学部の講師である佐藤先生が、宇宙エレベーターに関する新たな書籍を出版されました

2016/08/14 掲載

第60回宇科連で宇宙エレベーター関連の発表がありました

  今月6~9日、北海道函館市で「第60回宇宙科学技術連合講演会」(宇科連)が開かれました。宇科連は、航空宇宙関連技術や天文学など、幅広い分野で研究発表が行われる学会で、毎年全国の都道府県で持ち回りで開かれます。今回の会場は、函館空港からほど近い「函館アリーナ」。施設内の11の教室やブースで、研究者や技術者らが発表・講演を行いました。 このうち宇宙エレベーター(軌道エレベーター)にまつわ

2016/09/25 掲載

JSEA
一般社団法人
宇宙エレベーター協会

〒105-0004
東京都港区新橋6-18-3
新橋小林ビル2F